このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

自然薯/自然薯の最高峰 真芋ならではの野生の醍醐味

自然薯とは?

江戸時代の医学者である貝原益軒が、「山より出るを自然生と云う、味最も良し賢を補い脾胃を益す、虚人久しく服すべし」と自著に記すくらい、日本では昔から貴重な山薬として食べられてきました。
味は芋の中では最も美味しく、内臓の調子を整える。元気のない人はしばらく食べましょう。ということでしょうか。 今でこそ自然薯と書かれますが、自然に生える芋であるから、自然生というわけなんですね。

自然薯そば自然薯そば

自然薯そば